まったりのんびり San Diego Life


by youandt
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

真夜中のスタジアム

e0119121_14255788.jpg


真夜中のQualcom Stadium・・・
フィールドには誰もいなくて、シーンとした空気。
こんな場面に居合わせて、夢をみているのかなぁ~、
とぼんやり考えてしまいました。

日曜日に燃え始めた山火事が、思いがけず広がり続け、San Diego
でも数箇所の大被害になってしまいました。月曜日の夜には、絶対
安全だと思っていた、最初の火事からは遠くはなれた我が家も避難
勧告の電話がかかり、家族そろってQualcom Stadiumに荷物を
まとめて避難し、一夜を明かしました。写真は、夜中にスタジアム内の
トイレにいったとき、ふと観客席にすわってぼーーっとしていたときに
とったものです。

フットボールシーズン真っ只中に、こんなことになって、大勢の避難者
の車でいっぱいになるなんて、スタジアムも、Chargersの選手も
予想だにしなかったことでしょう。でも、ここは、さすがアメリカ。
避難してきた人たちも、どうせなら楽しく快適にすごそうという雰囲気で、
悲壮感やイライラは、ぜんぜん感じられませんでした。かえって、
ボランティアの人たちの親切さや、ドネーションのすごさに圧倒されて、
元気をもらってきたような気がします。

うちのエリアは、避難勧告のボーダーだったのもあり、翌朝早くには
すぐ家にもどってきたのですが、TVを見ていたら、その後、昼間の
スタジアムは、避難者を励ますための、「マッサージブース」や、
一人で瞑想するための個室や、「ヨガセンター」も設置され、
シュワルツネッガー知事も激励に来ていて、なんだか活気に満ちて
いました。私が写真をとった朝の5時にも、外では、ちょっと夜店の
ような、パンやシリアル、ジュースやコーヒーをわけてくれるブースが
設置されて、新しい新聞までいただいてしまいました。

心から、無事とサンディエゴの人々のやさしさに感謝!
大変な被害にあわれた方々もたくさんいらっしゃるようですが、
1日も早い復興をお祈りしたいです。

「がんばれ、San Diego!!」
[PR]
by youandt | 2007-10-25 14:47 | こんなことありました