まったりのんびり San Diego Life


by youandt
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

タグ:料理教室 ( 5 ) タグの人気記事

e0119121_15552941.jpg


先週、ついに実現しました!サンディエゴ くいしんぼ倶楽部での初イベント
「ペルー料理の会~Taste of Peru~」(10/26/2010)!!

シェフのTomi Tamashiroさんの絶品ペルー料理を味わいながら、
万能ソースと、ヘルシー食品として人気のキノアの各種調理法の
デモンストレーションも楽しめました♪

メニュー:

●紫トウモロコシのジュース:Chicha Morada (チチャ・モラダ)

●ワンカイナ風ポテト Papa a la Huancaina
●キノアのサラダ Ensalada de Quinua
●シーフードライス Arroz con Mariscos
●デザート(プルーンとレーズンのゼリー)

e0119121_15562871.jpg


当日は、デモンストレーションしていただいたのは、ワンカイナソース
とキノアの調理法。ソースは、万能ソースで、ごはんやポテト、野菜など
何にかけてもおいしいです。でも、この食感、日本では食べたことのない
味だな・・・と思っていましたが、驚きの材料がとろっとさせるために
はいっていたのです・・・・なんとクラッカー!ゆでたじゃがいもに
このソースをかけるだけで、シンプルなのに、ボリュームたっぷりの
一品にしあがっていました。

ペルーはじゃがいもが原産だそうで、やはりたくさんのじゃがいも料理が
あるそうです。以前、食べたペルーのコロッケのような一品も、日本での
いただき方とちがって、ドレッシングで和えた紫たまねぎのスライスと
いっしょに食べたのですが、とてもさっぱりしておいしかったです。

私のダイエットの友、キノア。いつも、ごはんのようにあつかっていましたが、
今回、鍋で茹で、水をきり、プチプチ感をいかした食べ方を何種類かみせて
いただけました。メニューにある、野菜のみじん切りとコリアンダーとミント
をあわせたサラダもおいしかったですが、Tomiさんが、ささっと作ってくれた、
アボガドとゆで卵とソースのサラダも、トマトと合わせたバージョンも、
どれも、とてもたべやすかったです。キノアがすっかり生活の一部になっている
私ですが、調理法のレパートリーが増えて、早速ためしてみたいです♪

最初の写真のシーフードライス・・・
こちらは、もう、見た目もゴージャスですが、とにかく箸がとまらないくらい
のおいしさでした。魚介類たっぷり。ペルー料理では、海沿いの町で、新鮮な
魚介類が豊富なこともあり、たくさんのおいしい魚介類のお料理があるそうです。
セビーチェを食べたことがありますが、日本人の口にもとても合う、さっぱり
だけど、深いうまみの広がる味。こちらのシーフードライスも、一見、パエリア
風ですが、材料には、なんと黒ビールが入っており、ペルーの唐辛子や
コリアンダーとともに、おいしさの幅を深くしてくれているようです♪

いただいた、レシピの冊子で、ペルーの文化や背景なども知ることができ、
自分にとって未知の国、ペルーの扉がちょっと開かれた気分です☆

このいきおいで、スペイン語も覚えたくなりました・・・って、食べ物
ばかり覚えそうですけど・・・

*****************************************

くいしんぼ倶楽部の次回イベントは・・・
ワインと和食のペアリング@Azuki Sushi

サンディエゴ在住で、参加ご希望の方は、下記連絡先へ"Ohirune-gohan”
からということでどうぞご連絡くださいね♪

こちらに鍵コメでお名前、メールアドレスと電話番号を残していただいても
OKです。今回イベント参加はできなくても、メールマガジンでのお知らせ
希望の方も、その旨書いてくだされば、今後情報をお送りいたします。


*****************************************


第二弾はワインと和食のペアリングです。サンディエゴゆうゆうにも
メディア後援を頂き既に誌上でごらんになっている方も多いかと思います。
今回はAzuki sushi (www.azukisuhi.com)とBalieyana Winery の
ご協力を頂き、講師にはWine smaeties ワインのエキスパートを迎え
ワインのことを学びながら更に和食との相性などを学びます。セミナーとは
言っても前菜からデザートまでAzuki Sushiのオーナーシェフ ナオさんが
腕をふるう料理はそれだけでもご満足いただける内容になっています。
セミナーは英語で行われます。席数が限られていますので今すぐお申し込みを!
(締め切り:11月7日)

<メニュー>

●ガーリック枝豆

●前菜の3点盛り
   アルバコアとトリュフのソース、
   和牛のカルパッチョ、
   きゅうりとはまちのヘルシー太巻き

●銀ダラの西京焼

●玄米のクリーミーリゾット

●アサイベリーのチーズケーキと旬の果物盛り合せ

日時:11月10日(水)6:30pm-8:30pm

場所:Azuki Sushi 2321 5th Ave , San Diego

費用:$48 (+Tax& Gratuity)

お申し込み BBClub ひろ子まで 858-220-6796  hirokoh@bluebazar.com



*****************************

来てくださってありがとうございます♪
よろしかったら、ぽちっとおねがいします♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ


[PR]
by youandt | 2010-11-02 13:19 | レストラン
e0119121_13334120.jpg


今月のパン教室は、サバラン、プルマンブレッド、そして
ホロホロクッキーでした☆

メニューをきいたときに、サバランって、なんだっけ??
と思い、例によってWikiってみました・・・

サヴァラン (savarin) は、フランスの焼き菓子。ブリオッシュ
を切って紅茶味のシロップを染み込ませて冷やしたものにラム酒
やキルシュをかけ、生クリームや果物で飾りつけたもの。また、
ブリオッシュ生地を直径18〜23cmのドーナツ形の型に入れて
発酵させてから焼き、キルシュ風味のシロップをしみ込ませたもの。
「Wikipedia サヴァラン」より)

今までなんとなく食べたことがある気になっていたものは、
実はサバランではなくインドのお菓子だったことが判明!
じゃあ、あのインドのビュッフェなんかででてくる、シロップ
たっぷりのお菓子は???と思い、ぐぐってみると、

グラーブ・ジャムーン(GULAB JAMUN)
高級インド・レストランでも出されるインドのお菓子の王様的存在。
スパイスの効いたカレーのあとに食せば口いっぱいに広がる甘さ。
◇作り方…ボウルに箱の中の粉末を入れ、50~60mlの水で粉を溶き、
やわらかい団子状に形を整える。低温の油で表面を揚げ、熱した
シロップに浸せば出来上がり。

まったくちがうお菓子だったんですね。ははは。
でも、このサバラン、今日作ってみて、ほんとにハマりました。
パン自体は、あまり味がなく、ふわっとしたブリオッシュ生地で、
それに、ラム酒とレモン汁のシロップをかけるのですが、なんとも
いえないやさしい甘さとさわやかな香り。

e0119121_1334878.jpg

小さいバージョンもかわいらしい~♪♪

e0119121_13342692.jpg

こちらが、感動のプルマンブレッド☆
やっとこんな食パンが焼けるようになりました・・・♪
以前にならった山型パンとは、またちがった、ふたをした中に
おいしさがぎゅっとつまったかんじです。

e0119121_13344065.jpg


こちらはアーモンドプードルいっぱいの、ホロホロクッキー。
この焼きあがったクッキーを冷ましてから、粉砂糖をたっぷり
まぶして、かわいいくってホロホロしたクッキーになりました。
(って、完成形の写真とるのわすれました・・・ごめんなさい)
いわゆるロシアン(ティー)クッキーってやつですよね。
スノーボール、スノーホワイトともおなじみたいです。
よく、メキシコ系のスーパーでみたりするのですが、メキシコ
のお菓子?でもロシアンって・・・・

どうやら、アーモンドなどナッツを粉状にしたものがはいって
いるのがロシアンクッキーとよばれ、それに粉砂糖をまぶした
ものが、スノーボール、スノーホワイトのようです。
でも、なぜロシア・・・??ご存知の方がいたら教えてほしいです♪
ちょっとぐぐっただけでは、でてきませんでした。

これで夏休み前のクラスは終わりですが、また、9月からの、
新しいパンがたのしみです☆クロワッサンはまだかな~♪♪

*****************************

来てくださってありがとうございます♪
よろしかったら、ぽちっとおねがいします♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


 お手数ですが、こちらもぽちっとしていただけると
 とってもうれしいです☆
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
[PR]
by youandt | 2009-05-27 14:06 | 料理教室
今月のアメリカ料理教室のメニューは・・・

・Wild Rice Casserole
・Chicken Soup
・Arugula and Dried Cramberry Salad
・Kentucky Cornbread

でした~♪

e0119121_16141711.jpg

Wild Rice Casserole

e0119121_16152428.jpg

Arugula and Dried Cramberry Salad

e0119121_16383718.jpg

Kentucky Cornbread

e0119121_16515790.jpg

Chicken Soup

もう、いつもながら、どれもとってもおいしかったです♪

中でもメインの、Wild Rice Casseroleは、日本人にはあまり
なじみのないWild Riceを3回も煮こぼしながら炊いて、炒めた
野菜とベーコンと一緒にオーブンで焼いたものなので、私に
とってかなり「新しい味」でした。先生がWild Riceについても
いろいろ教えてくださったのですが、Riceという名なのに実は
小麦粉に近い食べ物だというのが、一番興味深かったです。
採り方も、カヌーで水辺に自生しているものを採るって、なんだか
想像できます??私の中では、それだけでも異文化の未知の
食べ物っていう気がしてしまうのですが、これが、とっても
香ばしくて、噛みごたえもあって、ハマる味でした。

こちらが、Wild Riceのパッケージ
e0119121_17104548.jpg


今回は、前回ローストしたチキンの骨や残りのお肉をこんがり
Bakeしてから、ぐつぐつ煮込んだChicken Stockを使った
野菜いっぱいのChicken Soupもメニューに入っていて、チキン
ってほんとに無駄にするところなし!なんだなぁ、と感心。
とってもやさしい味でした♪

サラダの方は、Arugulaって、日本では「ルッコラ」の名で
売っている例の野菜です。こちらでも、ルッコラってパッケージ
に書いてあるものもありますが、英名はrocketだったりする
んですね。なんだか、香菜(パクチー、コリアンダー)みたいな
名前の多い野菜なんですね。ははは。ラズベリー酢の入った
ドレッシングに、トーストしたピーカンをパラパラ。私は大好き
な味なんですが、我が家の男組はきっとこういうのダメなんです
よね・・・しょんぼり。

こちらがラズベリー酢。香りがほんのり。
e0119121_17101538.jpg


そして、私の大好きなコーンブレッド♪
フライパンに入れてオーブンで焼くレシピなので、なんだか
「ぐりとぐら」にでてくるお菓子みたい☆でした。

e0119121_17134971.jpg


ぐりとぐらっていえば、先日、日本語補習校の図書室で借りてきた
「ぼくらのなまえはぐりとぐら」、とってもおもしろかったですよ♪
ぐりとぐらにまつわる裏話や、作者のお話、お話にでてくるお菓子の
作り方や、手芸だったり、有名人の方々のぐりとぐらの思い出なんか
がつまっています。

e0119121_17192294.jpg



*****************************

来てくださってありがとうございます♪
よろしかったら、ぽちっとおねがいします♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


 お手数ですが、こちらもぽちっとしていただけると
 とってもうれしいです☆
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
[PR]
by youandt | 2009-04-27 17:21 | 料理教室
e0119121_17214466.jpg


先月から始まったアメリカ家庭料理教室、今日のテーマは
ケイジャン料理。これは、もともと18世紀半ばにカナダに強制移住
させられたフランス系の人々が、流れ流れてルイジアナ州のニュー
オーリンズに移り住み、そこで生まれた多国籍な影響をうけた料理
です。私は、シカゴ時代にマルディ・グラという、かなりクレイジー
なお祭りのときに、ニューオーリンズの旅行して、すっかり大好き
になってしまった味なのです。

たまねぎ、セロリ、ピーマンがベースで、いわゆるケイジャン
スパイス味のものが基本形。ドーナツやコーンブレッドなども、
このあたりのお料理だそうです。Cafe du Mondoのカフェオレ
とドーナツ(ベニエというそうです)は有名です。あ、調べてみたら、
日本にも、店舗があるみたいですね・・・!びっくり!!

さてさて、今日のメニューは・・・

・Roasted Corn and Black Bean Salad
・Jambalaya
・Cajan Flavored Fish
・Hush Puppies

e0119121_17274681.jpg


こちらが、Roasted Corn and Black Bean Salad
日本では、あまり豆のサラダって多くないと思うのですが、アメリカ
料理(特に南部)では、かなりの豆ら~が多いのか、よく見かけます。
とくにこのケイジャンのサラダでは、スパイスが、ハラペニョ、パクチー
(香菜)、タバスコ、クミン、コリアンダー、ブラックペッパーなので、
なんとも食欲をそそるスパイシーな味でした。もう、作っているそば
から、「いますぐ食べたい!!」という気分。

e0119121_1733181.jpg


こちらが、日本でもおなじみになりつつあるJambalaya(ジャンバラヤ)
ファミレスメニューにもあった気がしますが、こちらのレシピでは本格的
にソーセージを皮からだして、小さく刻み、例のケイジャンのHoly Trinity
(聖なる三位一体)とよばれる、たまねぎ、セロリ、ピーマンがたっぷり。
ケイジャンシーズニング(ブレンドされた状態で売っている)で、これまた
食欲をそそる味に仕上げます。そうそう、先生がシュリンプをたっぷり
いれてくれたので、ほんとうにゴージャスなジャンバラヤでした。

e0119121_17414089.jpg

シュリンプは、Costcoの冷凍がおすすめだそう。パッケージに21-25という
数字が書いてあるのですが、これは一袋に21-25尾ということで、数が
少ないほど、たくさんはいってるということなんですって!今日一番、
知ってうれしかったことかも・・・・!私はいつもTrader Joe'sの冷凍
えびを愛用していたのですが、なんかちっちゃいな~という不満が
あったのです。今度からは、ぜひCostcoで買おうかと思います♪

e0119121_1744737.jpg


お魚は、こんなかんじで切り身にケイジャンスパイスをぬりこんで、
オーブンへGO!かなりシンプルなので、ぜひ作ってみたい一品。
今日は鯛と平目を用意してくださいました♪

e0119121_1749196.jpg


Hush Puppiesとはなんぞや~!?と思いきや、昔、ケイジャンの
町では、奴隷の住む家と母屋が離れていて、母屋のキッチンから、
あまったお料理を奴隷の家に運ぶときに、庭に放し飼いの子犬たちが
キャンキャンよってきて飛びついてくるのを避けるために、この
Hush Puppiesという食べ物を作って、投げて犬の気をそらした
そうです。要は、メインの料理をとられないためにあげた、簡単おかし
みたいなものだそうです。中身はコーンミールと小麦粉とお砂糖に、
みじん切りにしたたまねぎと卵、バターミルクをいれてタネをつくり、
↑の写真のように、ドーナツみたいに油であげたものです。

これが、なかなかおいしくって、食べだしたらとまらなくなる味♪
子供のおやつにもよさそうです。コーンドッグの皮みたいな味って
いったらわかってもらえるでしょうか?これに添えたディルマヨネーズ
がとっても合っていて、おいしかったです♪

e0119121_17561745.jpg


今日は、大事なカメラを忘れてしまい、iPhoneカメラなので、ちょっと
暗いですが、どうかお許しを~。

最後は、先生がコーヒーとブラウニーを用意してくださって、おいしく
いただきつつ、生徒のみんなで楽しいおしゃべり♪なんとも贅沢な
ひとときでした~☆

サンディエゴにも、おいしいケイジャンレストランがあるといいのですが・・・
シカゴ時代は、ダウンタウンの会社の近くにあった、Heaven on Seven
によく通ったものです・・・・かなり本場の味でした!
まだあるのかな~、あのお店。う~ん、シカゴ思い出の地をめぐる旅に
いきたくなりました♪


*****************************

来てくださってありがとうございます♪
よろしかったら、ぽちっとおねがいします♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


 お手数ですが、こちらもぽちっとしていただけると
 とってもうれしいです☆
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
[PR]
by youandt | 2009-02-25 18:07 | 料理教室
以前からAsakoさんのAsako's Kitchen ~南カリフォルニア
DEオイシイ毎日~
で拝見して気になっていた、アメリカ家庭料理
のCooking Classに参加できることになり、ついに第1回目が
スタートしました♪アメリカには、10年以上住んでいるのに、意外と、
習ってきたクッキングクラスは、イタリアン、フレンチ、パン(日本式)・・・
と他国の料理だったりするんですよね・・・

今年は、自分の中での勝手なテーマが、「アメリカ再発見」なので、
お料理の方も、アメリカンが始まって、ほんとに楽しみです。

Menuはこちら・・・・

・Artichoke with garlic dip
・Daddy's Carrot Cake
・Pot Roast with Red Wine

うれしかったのは、瓶詰めでとおしていたArtichokeの食べ方を
処理の仕方から細かく教えてもらえたこと!
salahiさんの「ギリシャのごはん」で、度々おいしそうなArtichoke
のレシピを見て、瓶詰めを卒業したいなぁ・・・と思っていたのですが、
なかなか実践映像をみないことには、どこが食べれるところかすら
わかりにくいこの野菜を使いこなすのは無理だな・・・とあきらめて
いたのです。これで、Artichokeごはんも作れそうな気分になって
きました♪

e0119121_167717.jpg

マーケットで見かけても、なかなか手の出せなかったアーティチョーク

e0119121_1683221.jpg

とげをとり、上部をカットして、ステムも切り落とし、下の方の
固そうな数枚も取り除く(これは、お湯をそそいでTeaにできるそうです!)

e0119121_16115761.jpg

このCostcoで売っているというパスタ鍋にもなりそうなスチーマー用
のパーツ付の鍋も、魅力的。またお道具が欲しくなっている・・・・・

e0119121_16195777.jpg

Artichoke with garlic dipの完成!

さてさて、キャロットケーキやズッキーニマフィンなど、アメリカでは、
甘いお菓子に野菜が入っているのが、最初は違和感があったのです
が、食べてみると野菜の味はほとんど感じられず、かえってアメリカの
お菓子としては甘すぎないなんともいえないおいしさなんですよね。

今日本で流行のベジタブルのケーキとは、またちょっと違うんですけど
違いがうまく説明できないなぁ・・・

e0119121_16221158.jpg

こんなにたくさんの、にんじんを入れます。さらにパイナップルの
缶詰も!!びっくり!どんな味になるのでしょう・・・♪

e0119121_16282296.jpg

焼きあがった感じがすでにおいしそう。クリームをつけないで食べたいくらい。

e0119121_16322991.jpg

クリームチーズベースのクリームでデコレーションしてDaddy's Carrot Cake
の完成♪ 先生のお父様のレシピだそうです。いいですよね、ファミリーレシピ。

e0119121_1635112.jpg

メインのポットローストにはこんなに巨大なお肉が・・・!!

e0119121_16401984.jpg

お鍋にお肉と一緒に、やまもりてんこもりの野菜をたくさん入れて、煮込むこと3時間。

e0119121_1643497.jpg

Pot Roast with Red Wineの完成!

e0119121_16445053.jpg


素敵なテーブルセッティングで、おいしいお料理をいただいて、
友人とおしゃべりに夢中になり・・・最後にはおなかいっぱいで
眠くなってしまう・・・という至福のひとときでした。

こういう日は、帰宅後にお夕飯を作るのが、つらいんですよね・・・
自分はおなかいっぱいなんで・・・ははは。

*****************************

来てくださってありがとうございます♪
よろしかったら、ぽちっとおねがいします♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
[PR]
by youandt | 2009-01-24 17:02